事業内容

「こわすう」ことは、「創造する」こと。

解体とは長期的に考えれば、単純に建物を「こわす」というより、再生の第一歩です。実は創造的なことだと思いませんか?更地になった場所はやがて新しい建物を迎え入れ、年月を経てその街の風景となってゆきます。また当社は解体工事だけではなく、建設業に関わる多数の許可を取得しており、さまざまな形で街の発展に関わっています。

建設に関わる工事

  • 機械解体

    機械解体

    重機やワイヤーソーを使用し、ビルやマンション・公共建築など主に鉄筋コンクリート造の構造物を解体します。

  • アスベスト除去

    アスベスト除去

    昭和60年以前の建物には人体に悪影響のあるアスベストが使われている可能性があります。解体工事では粉塵飛散防止や分別を徹底して作業しています。

  • 仮設工事

    仮設工事

    解体作業を効率よく安全に行えるよう、高所作業のための足場や作業床の取り付けを行います。また、破片やホコリが近隣へ飛散しないよう仮囲いや養生シートを設置します。

  • 基礎解体

    基礎解体

    重機を使用して、建物の基礎となる部分を解体します。埋没していた部分が地中に残らないよう、丁寧な作業・点検を行います。

  • ワイヤーソーイング

    ワイヤーソーイング

    ワイヤーソーイング工法は、スチールワイヤーに切削用ダイヤモンドを固着したものを巻きつけて切断していく方法で、大規模模な改修や鉄筋コンクリートの構造物を解体、除去する際に使用します。

  • 斫り工事

    斫り工事

    「斫り」とは工事現場などでコンクリート製品を削る、切る、壊すなどの作業のこと。圧縮空気や油圧・電動モーターなどが付いた機械を使って、コンクリートを破砕します。

+

解体に関わる工事

  • 建築工事業
  • 土木工事業
  • 石工事業
  • タイル・レンガ・ブロック工事業
  • ガラス工事業
  • 鉄筋工事業
  • 熱絶縁工事業
  • とび・土工工事業
  • 鋼構造物工事業
  • 鈑金工事業
  • 防水工事業
  • 塗装工事業
  • 大工工事業
  • 左官工事業
  • 屋根工事業
  • 建具工事業
  • 内装仕上工事業

安全への取り組み

作業中の安全を確保し工事を円滑に行うため、手順の確認だけでなく、日々の訓練や危険箇所の周知を徹底しています。

  • 作業前のKY活動
  • 安全周知会・作業手順周知会の実地
  • 高所作業での安全帯完全使用
  • 作業区画の明示
  • 誘導員、監視員をつけての作業
  • 作業の技能教育、訓練
  • パトロール
  • 危険作業中は複数人で行う
  • 明確な指示
  • 危険場所、作業場所におけるポスター等による明示

環境への取り組み

産業廃棄物も適正な処理をすれば立派な資源となります。分別や再利用を徹底することで、環境に貢献します。また、防塵・低騒音など近隣環境にも配慮して取り組んでいます。

  • 仮設資材による隔離、養生
  • 散水による防塵
  • 低燃費、低排出ガス機械の使用
  • 低騒音、低振動型機械の使用
  • 産業廃棄物分別、削減、再利用の徹底
  • 定期的に近隣一斉清掃を行う
  • 毎日作業終了時の清掃